虫歯とは

虫歯とは、酸産生菌(ミュータンス菌など)が糖分を栄養として作り出した酸で歯が溶かされてしまう病気です。治療せずに放置してしまうと、歯に穴があいてしまいます。

虫歯の症状

虫歯の症状には進行による段階があります。ごく初期の虫歯なら、唾液の働きや歯みがき、食生活習慣の改善で口内環境を良くすることにより、元の健康な歯に戻すことができます。
しかし、歯に穴があいてしまったら元の健康な歯には戻りません。

エナメル質の虫歯

エナメル質の虫歯

歯の表面にあるエナメル質の虫歯です。痛みはありませんが、放置してしまうとどんどん悪化してしまいます。


象牙質の虫歯

象牙質の虫歯

エナメル質を貫通し、歯の内側にある象牙質まで穴が開いた虫歯です。冷たい物や甘い物などを口に入れるとしみます。


神経の虫歯

神経の虫歯

さらに進行し、歯の神経にまで到達してる虫歯です。常に激しい痛みが伴います。


歯根の虫歯

歯根の虫歯

歯の大部分が失われ、歯根だけが残っている状態です。神経が死んでしまっているため痛みはありませんが、多数の酸産生菌が付着している事が多く、周辺の健康な歯に悪影響を与える事があります。



虫歯治療例紹介

単なる虫歯や歯周病を治すだけではなく、審美性(自然な美しさ)を追求する治療も近年では重視されています。

白いかぶせものの利用例

前歯などでは金属のかぶせものは審美性を大きく損なう為、白い非金属材料を使います。
保険での治療ではプラスチックの樹脂で、これには長期の使用で変色や磨り減りが発生したりしますが、保険外ではセラミックを使うことで、問題点を回避できます。
特にジルコニア(人工ダイヤ)を使用するかぶせものは、自然な歯と変わらない見た目と、強い強度故に元の歯をあまり削らずに被せることができるという特性があり、患者様にも安心してお勧めできます。

ジルコニア


土台仕上がり

セラミックプレス


土台仕上がり

硬質レジン


土台仕上がり

従来のジルコニアでは不自然に白すぎるため、せっかく強度がある素材なのに表面のセラミックを厚くする必要があり、強度を生かすことができませんでしたが、近年では改善が進んで「自然な白さ」を実現しています。



なお、ジルコニアよりも仕上がりは多少劣りますが(光を通さないため、歯が少し暗く見えます)、セラミックプレスより強度のある、土台に金属を使用した「メタルボンド」も取り扱っております。


料金
ジルコニア
1本 65,000円
メタルボンド
1本 55,000円
セラミックプレス
1本 35,000円
硬質レジン
保険適用


入れ歯治療例紹介

審美性に優れた入れ歯もご用意しています。

ノンメタルクラスプデンチャーの利用例

審美性を重視する治療でお勧めするのがノンメタルクラスプデンチャーです。
入れ歯を固定するのに金属のバネを使わないため、見た目にも美しくなります。


従来の入れ歯

ノンメタルクラスプデンチャー

料金
ノンメタルクラスプデンチャー
70,000円~

診療案内に戻る

歯周病治療について

MENU

医院情報

キテネ歯科
〒006-0022
札幌市手稲区手稲本町2条4丁目
8-24 キテネ国分ビル2F
診療時間
月・火・水・金
(午前)9:30~12:30
(午後)14:00~20:00
土曜日 (午前)9:30~14:30
休診日
日・祝日
木(祝日のある週は診療
9:30~12:30/14:00~20:00)